有害物質の調査・分析及び環境対策技術 研修会
〜環境調査分析技術、環境浄化技術の現状課題と動向について〜
の ご案内(平成22年度)

目的

 自然環境における化学物資の影響評価に関しては、有害物の発生状況、濃度や分布状態を正確に調査・分析し、適切な処置を計画できる能力を養う事が、建設系の技術者に求められています。

 私ども全国ネオナイト工法振興協会では、公共工事で遭遇する、重金属を含有する土壌の適正処理に向けた技術を把握し、通常の濁水処理技術も含めた対策技術の動向について実例を中心に研修していただくことで、循環型社会の構築に寄与することを目的とする技術研修会を開催します。

日時と場所

日時: 平成22年9月22日(水)13:30〜16:30
場所: くにびきメッセ 601大会議室
〒690-0826 松江市学園南1-2-1 TEL 0852-24-1111
参加費: 無料
駐車場: 200台(3時間まで無料)


大きな地図で見る

対象者

応募方法

9月15日(水)までに、下記のリンクから応募してください。こちらからメールにて返信いたします。

なお、事務処理のため、ご参加の際には、返信メールに記載された「受付番号」をご持参下さい。


■研修会の募集は終了しました。


応募多数の場合、定員になりしだい締め切ります。

また、お送りいただきました個人情報に関しては、研修会に関する目的以外で使用することはありません。

発表者(3名)

  1. 有害物の調査・分析ついて
      (株)ネオナイト 研究開発部 環境計量士 三島博史様
      (発表45分 質疑応答5分)
  2. 土木工事における濁水対策
      県立広島大学 生命環境学部 環境科学科 教授 三好康彦様
      (発表45分 質疑応答5分)
  3. 建設現場における仮設濁水処理技術
      全国ネオナイト工法振興協会 専務理事 寺山文久様
      (発表45分 質疑応答5分)

※発表内容は予告なく変更する事があります。

CPD単位認定(予定)

  1. 土木施工管理技士( (社)全国土木施工管理技士会連合会 継続学習認定 )
      登録番号:107886
  2. RCCM( (社)建設コンサルタンツ協会 CPDプログラム認定 )
      CPDプログラム番号:201007230001 (参加者リスト方式による登録)
  3. 技術士( (社)日本技術士会 後援)
      自己申告制 受講認定書発行

主催・後援

主催:全国ネオナイト工法振興協会

後援:(社)日本技術士会

問い合わせ先

 全国ネオナイト工法振興協会(事務局株式会社ネオナイト) 担当:平田
 TEL 0852-67-1133  FAX 0852-67-1134
 メールアドレス:seminar@neonite.net